愛知・名古屋の富士コーヒーではこだわりのコーヒー豆をお届けします。また喫茶店開業のご相談も受け付けております。

  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
2017-02-07 :

情報セキュリティ対策・無線LANの運用において

こんにちは、総務の永井です。

 便利な無線LANですが、その使い方を誤ると有線LANに比べ、企業内の情報漏洩となったり、不正アクセスやサイバー攻撃の踏み台にされたりする恐れがあるそうです。
無線LANの運用において特に重要な必須の対策を再確認しました。

【通信の暗号化】
 暗号化の技術が進歩すれば、その解読の技術も進歩します。永遠に安全な暗号化方式はないのかもしれません。常に最新の情報に気を配って、より安全な暗号化方式を採用し適切に設定する必要があります。古い暗号化方式(WEP)の使用を続けるのは危険とのことです。

【パスワードの適切な設定】
 総当たり攻撃等により、パスワードが容易に推測されることのないように、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせ、なるべくランダムで長い文字数のものにする必要があります。


他にも運用上、情報セキュリティ対策として大切なことはいろいろあるようです。

  手引書「企業等が安心して無線LANを導入・運用するために」(総務省)[PDF]
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000199323.pdf
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret