愛知・名古屋の富士コーヒーではこだわりのコーヒー豆をお届けします。また喫茶店開業のご相談も受け付けております。

  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
2017-06-05 :

家電リサイクルについて

皆さんこんにちは、総務部の渡邉です。
今回は「家電リサイクル」についてです。まず私が思ったのは、そう言えば何年か前に「家電リサイクル法」が出来たけど、具体的によく知らないなぁと言う印象でした。そこで今回は具体的に調べた内容をお伝えしたいと思います。

1.対象家電
 ・エアコン
 ・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
 ・冷蔵庫・冷凍庫
 ・洗濯機・衣類乾燥機

2.リサイクル券
 ・対象家電を引き取って頂くには「リサイクル券」の購入が必要になります。
 ・料金は対象家電やメーカーによって異なります。
 ・指定引取場所に直接持ち込む場合など「郵便局」で購入する事が出来ます。

3.引取方法
 (1)家電量販店などに依頼
  ・家電量販店など買い替えの際や引取だけを業者に依頼する事も出来ます。
  ・料金は収集運搬料金+リサイクル券(リサイクル料金)

 (2)指定引取場所に直接持ち込む
  ・インターネットを使って購入した際など自分で指定引取場所に直接持ち込む事が出来ます。
  ・料金はリサイクル券(リサイクル料金)

私、個人の意見になりますが面倒な手続きや力仕事が負担の方は業者に依頼する。
費用を安くしたい方は直接持ち込むなど使い分けてみてはいかがでしょうか?


リサイクル券の具体的な料金や指定引取場所の住所など、もっと詳しく知りたい方は下記のリンクを
ご活用ください。ではまたの機会に!

・家電リサイクルの処理方法(名古屋市)
 http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000009625.html

・リサイクル券・指定引取場所について
 http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_index.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret