愛知・名古屋の富士コーヒーではこだわりのコーヒー豆をお届けします。また喫茶店開業のご相談も受け付けております。

  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
2015-10-28 :

ビジネスパーソンが覚えておきたいフレームワーク②

こんにちは。
外食事業部の塩澤です。

ビジネスにおいて決断スピードが求められる昨今、
ビジネスパーソンは様々なフレームワークを活用して、
決断の成否を検討する必要があります。
YUKA150701498601-thumb-1000xauto-19540.jpg

今回は色々あるフレームワークから
「Zチャート」を紹介したいと思います。
売上高は、市場における会社の活動規模を示す重大な指標です。
しかしながら、売上の状況を的確に掴むことは、難しいのが現状です。
そんな時に非常に有効なのが「Zチャート」です。
fig401_c_800x405.jpg

Zチャートでは、季節変動などを吸収した年間の推移動向をつかむために、
「移動年計」と呼ばれる集計方法を利用します。
Zチャートは、移動年計の12ケ月分をグラフ化することにより、
季節変動や月々の変動を吸収して推移動向を表示できます。
Zチャートでは、「移動年計」、「売上年計」、「毎月の売上」の3項目を折れ線で表します。
「移動年計」の上がり下がりが、純粋な1年の推移です。
「移動年計」は該当月より1年前から該当月までの累計で計算します。

単純に月毎の昨年対比だけでは色々な要因によって
変動するため、売上等が上昇しているのか、下降しているのかが
わかりにくいため、事業が実際に成長もしくは衰退しているかを
はかる為にはこの手法を用います。
fig402_400x234.jpgfig403_400x234.jpgfig404_400x234.jpg

「Zチャート」はEXCELで簡単に作れます。
用意するのは2年分の売上データだけです。
そこから「移動年計」、「売上年計」、「毎月の売上」の3項目を
計算させるだけです。

事業そのものの実態をビジュアル的に把握したい!
そんな方は一度活用してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret