愛知・名古屋の富士コーヒーではこだわりのコーヒー豆をお届けします。また喫茶店開業のご相談も受け付けております。

  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
  • top
2017-07-14 :

「珈琲元年 中川本店」テレビ出演のお知らせ

以下のとおり、当店に関連した番組が放映される予定ですのでお知らせします。

日  時:7月15日(土)14:30~16:00
局  名:よみうりテレビ(※関西地区でのみ放映)
番組名:やすとも×中川家の旅はノープラン2017
内  容:人気漫才コンビ2組が名古屋周辺をぶらり!同期でもある兄弟と姉妹が織りなす、息ピッタリ、行き当たりバッタリ旅の第4弾。【運河を見ながらモーニング】で当店が紹介されます。
  URL: http://www.ytv.co.jp/noplan/
※大きなニュースなどがあった場合、放映時間、放映日が変更になる可能性がありますのでご了承ください。

残念ながら東海エリアでは放映されませんが、ご視聴可能な方はぜひご覧ください。
2017-07-14 :

ラグーナ蒲郡へ行ってきました!

こんにちは。
愛北営業所の石垣です。

先日、ラグーナ蒲郡に行ってきました。
プールや遊園地ではなくラグナシア内にある
フラワーラグーンというところです。


1年中、季節の花が咲いていて私たちが行ったときは
紫陽花がきれいに咲いていました。


壁にも花が咲いている、フラワーフォールがありました。

7月からはトロピカルフラワー(ハイビスカスなど)が
やっているみたいです。

とても綺麗で夜になるとライトアップされるみたいなので
みなさんぜひ行ってみてください。
2017-07-07 :

トリガーを使って忘れ物防止するワザ

こんにちは、総務部の鈴木です。このところ、前よりも、度忘れしやすい自分を、感じています。そこで、何か方法が、ないかと、ネット検索するくせがついています。そのなかで、気になった記事がありました。「トリガー」を使って忘れ物防止する技を以下に、載せておきます。

「トリガー」を使って忘れ物防止するワザ

きちんと準備したはずなのに、大切な時に肝心な物を忘れてしまうー。そんな時は「トリガー」
(引き金)を使って忘れ物を防止する方法が有効です。

「トリガー」は、心理的な「仕掛け」を

用意しておくことで、「あ!そうだ!」と記憶を思い出すテクニックです。

違和感、唐突感を味方につける

まず、自分のライフサイクルの中でどんな時でも必ずやることをリストアップして下さい。たとえば

・歯磨き
・玄関の鍵
・天気予報チェック
・手帳確認、テレビをみる
・PCでネット
・携帯・スマホ充電

などなど。習慣化された行動をピックアップしましょう。この行動に関係するシーンにメモや付箋を用意して「○○忘れ物注意!」とするのが第一段階です。

第一でうまくいかない人は第二段階の「トリガー」を用意します。それは「忘れてはいけない物」につながる動線(ルート)に全く関係ない物と唐突にセットしておく方法です。

例として、玄関にマグカップを置く、靴の中に消しゴムを入れておくなど

大切なのは「ここにあるのがふさわしくない物がある」というギャップやサプライズをうまく使うこと。

人間は「見慣れたものはよく見ない」という習性があります。簡単にいうと、パッと見て判断して「はいはい、いつもと同じね」と脳内ショートカットしてしまうということですが、これを逆にうまく使うのが忘れ物防止トリガーです。「見慣れた風景に異物を放り込んで、記憶の防備録」にしてしまうわけですね。トリガーもいつも同じだと「慣れ」を生じますが、いくつかパターンを用意して使いまわすと、いろいろなことが安心して忘れられるので、ものすごく便利ですよ!
2017-06-13 :

今年も・・・

こんにちは、愛北営業所の平野です。

当社では、毎年5月に中川営業本部と愛北営業所の従業員を対象に
合同で健康診断を行います。
そして今年も例年通り行われました。
検査内容には、身長測定、体重測定、血圧、血液検査、胃のバリウム検査等があります。

今まで毎年検査をしてはいるのですが、
私はどうしても体重測定、腹囲測定、血液検査、胃のバリウム検査が好きになれません(;_;)
体重、腹囲は年を重ねる毎にどんどんパワーアップし、
採血の注射が刺さる瞬間にはいつもドキドキ。
胃のバリウム検査では炭酸とバリウムを飲んでブルーになり、
撮影のため宇宙遊泳のようにクルクル回って更にブルーになります。

しかし、健康状態を知るには必要なので仕方がないことです。
幸い今の所悪い数値は出ていませんので、
運動(なるべく歩く)とコーヒーを飲む(体にいい効用があります)事を心がけて
健康維持に努めたいと思います。
2017-06-05 :

家電リサイクルについて

皆さんこんにちは、総務部の渡邉です。
今回は「家電リサイクル」についてです。まず私が思ったのは、そう言えば何年か前に「家電リサイクル法」が出来たけど、具体的によく知らないなぁと言う印象でした。そこで今回は具体的に調べた内容をお伝えしたいと思います。

1.対象家電
 ・エアコン
 ・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
 ・冷蔵庫・冷凍庫
 ・洗濯機・衣類乾燥機

2.リサイクル券
 ・対象家電を引き取って頂くには「リサイクル券」の購入が必要になります。
 ・料金は対象家電やメーカーによって異なります。
 ・指定引取場所に直接持ち込む場合など「郵便局」で購入する事が出来ます。

3.引取方法
 (1)家電量販店などに依頼
  ・家電量販店など買い替えの際や引取だけを業者に依頼する事も出来ます。
  ・料金は収集運搬料金+リサイクル券(リサイクル料金)

 (2)指定引取場所に直接持ち込む
  ・インターネットを使って購入した際など自分で指定引取場所に直接持ち込む事が出来ます。
  ・料金はリサイクル券(リサイクル料金)

私、個人の意見になりますが面倒な手続きや力仕事が負担の方は業者に依頼する。
費用を安くしたい方は直接持ち込むなど使い分けてみてはいかがでしょうか?


リサイクル券の具体的な料金や指定引取場所の住所など、もっと詳しく知りたい方は下記のリンクを
ご活用ください。ではまたの機会に!

・家電リサイクルの処理方法(名古屋市)
 http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000009625.html

・リサイクル券・指定引取場所について
 http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_index.html